大阪   堺市北区    水道水漏れ  蛇口水漏れトラブル

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

水道水漏れ蛇口水漏れサービス一覧

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

 

 

堺市北区ではこのような水道水漏れ修理のご相談、ご依頼をよく頂きます

 

堺市北区   トイレ水漏れのご相談

堺市北区   トイレタンク水漏れのご相談

堺市北区   トイレ手洗いから水が出ないとのご相談

堺市北区   トイレ給水管水漏れのご相談

堺市北区   トイレ便器ちょろちょろ水漏れとのご相談

堺市北区   トイレ水流れつづけるのご相談

堺市北区   台所キッチン蛇口水漏れのご相談

堺市北区   台所キッチン水道水漏れのご相談

堺市北区   台所キッチンシンク下水漏れのご相談

堺市北区   台所キッチン排水管水漏れのご相談

堺市北区   台所キッチン食洗器設置 分岐栓取り付けのご相談

堺市北区       浴室お風呂蛇口水漏れのご相談

堺市北区   台所キッチン食洗器設置 分岐栓取り付けのご相談

堺市北区   浴室お風呂蛇口水漏れのご相談

堺市北区      浴室お風呂水道水漏れのご相談

堺市北区      洗濯機蛇口水漏れのご相談

堺市北区      洗濯機水道水漏れのご相談

堺市北区   洗濯機蛇口水漏れのご相談

堺市北区   洗面所蛇口水漏れのご相談

堺市北区   洗面所水道水漏れのご相談

堺市北区   水道水漏れのご相談

堺市北区   散水栓水漏れのご相談

堺市北区   水道管水漏れのご相談

堺市北区   給水管水漏れのご相談

堺市北区   配管水漏れのご相談

堺市北区   下水水漏れのご相談

 

施工事例

 

 

出張可能エリア

 

奥本町 金岡町 北長尾町 北花田町 蔵前町 黒土町 東雲東町 新金岡町 新堀町 船堂 町 常磐町 中長尾町 中村町 中百舌鳥町 長曽根町 野遠町 東浅香山町 東上野芝町 東三国ヶ丘町 大豆塚町 南長尾町 南花田町 宮本町 百舌鳥赤畑町 百舌鳥梅北町 百舌鳥梅町 百舌鳥西之町 百舌鳥本町 百舌鳥陵南町 八下北

 

堺市北区の水漏れトラブルに貢献します

 

北は大和川を隔てて大阪市、東は松原市に接し、JR阪和線・南海高野線・地下鉄御堂筋線の鉄道、大阪中央環状線などの幹線道路が整備されています。

 主な鉄道駅の周辺では、商業施設や業務施設が集積し、中百舌鳥駅周辺には産業振興や起業支援の拠点として、堺市産業振興センター、さかい新事業創造センターなどが立地しています。 また、日本最古の官道であり府内で初めて日本遺産に認定された竹内街道、世界遺産に登録された百舌鳥古墳群を構成するいたすけ古墳等、歴史文化遺産を有しています。百舌鳥

日本書紀によると、仁徳天皇六十七年の十月五日に、天皇が河内の石津原(当時は和泉も河内だった。)に行幸されて、陵地を当地に決められ、十月十八日から工事をはじめられました。その時、野から鹿が走り出て、工事をしている人をめがけて突進してきました。ところが、直前でその鹿がにわかに倒れてしまいました。不思議に思ってその鹿を調べてみますと、鹿の耳から『百舌鳥』が飛び立ちました。そして鹿の耳の中は、すっかりもずに食いさかれていました。工人の危ないところを百舌鳥がたすけたわけです。この小さな百舌鳥の勇ましい働きをたたえて、この地を『百舌鳥耳原』と呼ぶようになったのです。

五箇荘

五箇荘には、六の坪・二十の坪などの小字の地名が残っていますので、歴史は古く、条里制がしかれた頃から開けたところだと推測されます。即ち、大化の改新のときに設けられた口分田のあとが伺えます。また平安時代から鎌倉時代にかけて、寺社や貴族と結んだ荘園が堺でもふえました。八田荘・日置荘などがその例で、五箇荘には当時五つの荘園があったところから五箇荘という地名が誕生したと言われています。

南花田・北花田

遠里小野(江戸時代に大和川の水路が付け替えられて、大阪と堺が分断されたので、現堺と大阪の両市に遠里小野があります。)から五箇荘にかけて、灯油などの原料に使われる『あぶらな』『えごま』の栽培が中世から近世にかけて盛んに行われました。そのためこの周辺は、開花期には一面に見事な花盛りになったそうです。それで『花田』と呼ばれるようになり、この花田へ通じる入口を花田口とつけられ、更にその道路が花田口筋と呼ばれるようになったそうです。

金岡

我が国では、明治二十二年(1889)に町村制がしかれましたが、その時に金田村と長曽根村が合併し、村の名前は金田村にある金岡神社にちなんで金岡村と名づけられたそうです。しかし、古来堺は刃物と鉄砲で有名ですが、その源は丹南の鋳物師集団です。この地はかつての丹南鋳物師の居住地であり、村名が金田村であり、更には付近に黒土・日(火)置・丹冶比など、鍛治に関係の深い地名が多いことから『金の岡』と名づけられたというように、金岡の地名の由来考えるべきではないかという説もあります。

東浅香

浅香山稲荷の由緒書から調べてみると、推古天皇(五九二から六二八)の時代のこと、聖徳太子がこの地方を巡遊された折、白髪の老翁が太子に、『昔より此処に埋まる香木あり』と告げて去りました。太子が不思議に思い掘らせたところ、古い朽木が出てきました。これを焼かせてみると、芳香がたなびき、太子が『浅からぬ香り』と言われたことから、当地を『浅香』と呼ぶようになったと書かれています。

八下

明治二十二年の四月一日に新しくできた町村制によって、南河内の八上(矢が見)郡の南花田・中・野遠・河合の村々が合併して北八下村となり、大饗(おあい)・石原・菩提(ぼだい)・小寺・野尻の村々が合併して南八下村となりました。八上郡の下にできた村ということから『八下』(やしも)というようになったそうです。そして、北八下村は昭和三十二年に、南八下村は昭和三十三年に堺市に合併しました。

東三国

三国丘の地名の由来は、摂津・河内・和泉の三つの国のさかいにある丘ということから名付けられたそうです。『さかい』という地名もこの国のさかいからつけられたそうですが、当時の堺の地域は、律令時代の国郡の制度では、摂津国住吉郡の南部、河内国丹比郡の西部、和泉国大鳥郡の北部で丁度三国丘の位置がその接点だったわけです。この様な歴史ある街かわいちょう堺市北区で当社も貢献出来れば幸いで御座います。水回りの水漏れ等でお困りの際は是非ご相談頂ければと思います。宜しくお願い致します

 

基本情報

 

店名     水回り水漏れトラブル【水道修理プラスワン】
電話番号   0120-755-004
待機エリア  大阪府堺市北区新金岡町
営業時間   AM7時~AM1時 
定休日    年中無休

 

Copyright (C) 2010 トイレ水漏れ修理 トイレタンク水漏れ修理 キッチン蛇口水漏れ 水道水漏れ 水道工事 浴室蛇口水漏れ 洗面所洗濯機蛇口水漏れ 【水道修理プラスワン】 All Rights Reserved.