大阪 貝塚市 水道水漏れ     蛇口水漏れトラブル

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

水道水漏れ蛇口水漏れサービス一覧

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

 

 

貝塚市ではこのような水道水漏れ修理のご相談、ご依頼をよく頂きます

 

貝塚市   トイレ水漏れのご相談

貝塚市   トイレタンク水漏れのご相談

貝塚市   トイレ手洗いから水が出ないとのご相談

貝塚市   トイレ給水管水漏れのご相談

貝塚市   トイレ便器ちょろちょろ水漏れとのご相談

貝塚市   トイレ水流れつづけるのご相談

貝塚市   台所キッチン蛇口水漏れのご相談

貝塚市   台所キッチン水道水漏れのご相談

貝塚市   台所キッチンシンク下水漏れのご相談

貝塚市   台所キッチン排水管水漏れのご相談

貝塚市   台所キッチン食洗器設置 分岐栓取り付けのご相談

貝塚市          浴室お風呂蛇口水漏れのご相談

貝塚市   台所キッチン食洗器設置 分岐栓取り付けのご相談

貝塚市   浴室お風呂蛇口水漏れのご相談

貝塚市      浴室お風呂水道水漏れのご相談

貝塚市      洗濯機蛇口水漏れのご相談

貝塚市      洗濯機水道水漏れのご相談

貝塚市   洗濯機蛇口水漏れのご相談

貝塚市   洗面所蛇口水漏れのご相談

貝塚市   洗面所水道水漏れのご相談

貝塚市   水道水漏れのご相談

貝塚市   散水栓水漏れのご相談

貝塚市   水道管水漏れのご相談

貝塚市   給水管水漏れのご相談

貝塚市   配管水漏れのご相談

貝塚市   下水水漏れのご相談

 

施工事例

 

 

出張可能エリア

 

麻生中 石才 海塚 浦田 王子 大川 加治 加神 北町 秬谷 久保 窪田 神前 近木 近木町 小瀬 木積 澤 地蔵堂 新町 清児 清児新町 蕎原 津田 津田南町 津田北町 堤 鳥羽 中 永吉 名越 新井 二色 二色中町 二色港町 二色南町 二色北町 西町  橋本 畠中 馬場 半田 東 東山 福田 堀 三ケ山 水間 三ツ松 港 南町 森 脇浜

 

貝塚市の水漏れトラブルに貢献します

 

貝塚市は、豊かな自然に恵まれた産業と文化のまちです。昔から”ちぬの海”と呼ばれる大阪の海に抱かれ白砂青松がまぶしい「二色の浜」や、本州南限圏の天然記念物ブナ林を育む「和泉葛城山」など豊かな自然に囲まれたまちです。千本搗きで賑わう名刹の水間寺や国宝の観音堂を有する孝恩寺があり、願泉寺を中心に形成された寺内町のまちなみなど、歴史の香りあふれるまちです。こちらでは貝塚市の文化財などを少しご紹介させて頂きます。願泉寺 願泉寺は貝塚市中町5-1(修理事業時点での住所は中846)に所在する寺院で、室町時代末期に建立された貝塚寺内の中心寺院です。1583年(天正11年)から2年あまり本願寺がおかれ江戸時代になると住職である卜半家が寺内の領主となりました。現在、願泉寺には江戸時代の伽藍がほぼそのまま残され、伽藍を構成する建造物の多くが、国の重要文化財や市の指定文化財となっています。孝恩寺観音堂 孝恩寺観音堂は、本市木積(こつみ)798に所在する浄土宗寺院、孝恩寺(こうおんじ)の本堂です。創建時に釘を1本も使わずに建てられたという伝承から、地元では「釘無堂」(くぎなしどう)という名称で親しまれています。

観音堂は、奈良時代の神亀3年(726年)、僧行基(ぎょうき)が木積の地に建立したとされる深谷山観音寺のお堂として建てられた建物です。現存する建物は鎌倉時代後期の再建と考えられています。明治36年(1903年)に国の特別保護建造物に指定され、大正5年(1916年)に解体修理が行われました。その後、昭和28年(1953年)、文化財保護法により改めて国宝に指定されました。

水間寺 水間寺は、山号を「龍谷山」といい、天台宗延暦寺末で別格本山の寺院です。寺伝によれば、聖武天皇の勅願、行基(ぎょうき)の開基とされます。創建以来、古代から中世にかけては多くの院坊と寺領を有していたようです。15世紀末に紀州根来寺の支配下となったことで、天正13年(1585年)の豊臣秀吉の紀州攻め時にはその伽藍(がらん)はことごとく焼失し、元禄年間(1688年~1704年)には歴代岸和田城(藩)主の保護を受け、本堂以下おもな諸堂が再建されました。しかし、天明4年(1784年)の火災によって本堂や三重塔などは焼失しました。その後、本堂は文化8年(1811年)、三重塔は天保年間(1830年~44年)に再建され、現在にいたります。本堂は、高さ約0.8メートルの基壇上に東面して建ち、平面は約23メートル四方におよび、大阪府下でも最大級の規模をもつ本堂です。桁行(けたゆき)7間、梁間(はりま)7間の周囲に1間の庇(ひさし)をめぐらす復古的なものですが、平面・構造は特異で、組物(くみもの)が非常に装飾的です。全体に木太く、破綻なくまとめられており、文化8年(1811年)の建築年代を考えると、極めて優れた建物といえます。府下唯一の三重塔などとともに、現存する伽藍を構成する中心建築として貴重な建造物です。なお、建築年代を確定させる資料として貴重な棟札(むなふだ)が残っています。水間寺弁財天宮殿 水間寺は、山号を「龍谷山」といい、天台宗延暦寺末で別格本山の寺院です。寺伝によれば、聖武天皇の勅願、行基(ぎょうき)の開基とされます。創建以来、古代から中世にかけては多くの院坊と寺領を有していたようです。15世紀末に紀州根来寺の支配下となったことで、天正13年(1585年)の豊臣秀吉の紀州攻め時にはその伽藍(がらん)はことごとく焼失し、元禄年間(1688年~1704年)には歴代岸和田城(藩)主の保護を受け、本堂以下おもな諸堂が再建されました。しかし、天明4年(1784年)の火災によって本堂や三重塔などは焼失しました。その後、本堂は文化8年(1811年)、三重塔は天保年間(1830年~44年)に再建され、現在にいたります。

 

弁財天宮殿は、行基堂の東上方にある弁天堂内にあり、内部には木造弁財天坐像(江戸時代前期の制作)を安置しています。桁行(けたゆき)1間、梁間(はりま)1間、入母屋造(いりもやづくり)こけら葺、妻入(つまいり)の建物で、全面に彩色がほどこされています。様式から見て江戸時代前期のもので、岸和田藩主岡部氏によって再建された当時の建築様式や信仰を伝えるものとして貴重です。なお、弁天堂は、3間四方、寄棟造(よせむねづくり)本瓦葺の小堂で、宮殿と同時期の建物ですが、近年、前面の拝堂増築に際して改造されています。感田神社濠 感田神社は、貝塚寺内町の南東端に位置し、海塚村(かいづかむら、現在の貝塚市海塚)の牛頭天王社(ごずてんのうしゃ)と堀村(現在の貝塚市堀)の天神社から祭神を迎えて、ほこらを造ったのが始まりとされる貝塚寺内町の産土神(うぶすながみ)です。貝塚寺内町は願泉寺(がんせんじ)を中心として、戦国時代から江戸時代にかけて発展し、町の周囲に濠をめぐらせていました。願泉寺が所蔵する慶安元年(1648年)の絵図には、感田神社の周囲に濠が描かれています。江戸時代、近代を経て貝塚寺内町の濠は埋め戻され、感田神社の濠は戦前まで境内の三方に残っていましたが、中町通りの拡張時などに埋められ、現在は境内に取り入れられた大阪側の濠が残るのみとなりました。現在残っている濠は、両岸に石垣が積まれています。国登録有形文化財の参集殿(さんしゅうでん)のある大阪側は、もともと寺内町の外側にあたり、建物の移転にともなって石垣が築かれたと考えられ、谷積みという近代の積み方になっています。一方、和歌山側の石垣は布積みという方法で積まれており、江戸時代に造られたものと考えられます。この濠が貝塚寺内町の環濠の面影を残す唯一の遺構であり貴重なものです。この様な歴史ある街貝塚市で当社も貢献できればと思います。水回りの水漏れでお困りの際は是非ご相談頂ければ幸いで御座います。どうぞ宜しくお願い致します

 

基本情報

 

店名     水回り水漏れトラブル【水道修理プラスワン】
電話番号   0120-755-004
待機エリア  大阪府貝塚市地蔵堂
営業時間   AM7時~AM1時 
定休日    年中無休

 

Copyright (C) 2010 トイレ水漏れ修理 トイレタンク水漏れ修理 キッチン蛇口水漏れ 水道水漏れ 水道工事 浴室蛇口水漏れ 洗面所洗濯機蛇口水漏れ 【水道修理プラスワン】 All Rights Reserved.