大阪 大東市 水道水漏れ     蛇口水漏れトラブル

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

水道水漏れ蛇口水漏れサービス一覧

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

 

 

大東市ではこのような水道水漏れ修理のご相談、ご依頼をよく頂きます

 

大東市   トイレ水漏れのご相談

大東市   トイレタンク水漏れのご相談

大東市   トイレ手洗いから水が出ないとのご相談

大東市   トイレ給水管水漏れのご相談

大東市   トイレ便器ちょろちょろ水漏れとのご相談

大東市   トイレ水流れつづけるのご相談

大東市   台所キッチン蛇口水漏れのご相談

大東市   台所キッチン水道水漏れのご相談

大東市   台所キッチンシンク下水漏れのご相談

大東市   台所キッチン排水管水漏れのご相談

大東市   台所キッチン食洗器設置 分岐栓取り付けのご相談

大東市          浴室お風呂蛇口水漏れのご相談

大東市   台所キッチン食洗器設置 分岐栓取り付けのご相談

大東市   浴室お風呂蛇口水漏れのご相談

大東市      浴室お風呂水道水漏れのご相談

大東市      洗濯機蛇口水漏れのご相談

大東市      洗濯機水道水漏れのご相談

大東市   洗濯機蛇口水漏れのご相談

大東市   洗面所蛇口水漏れのご相談

大東市   洗面所水道水漏れのご相談

大東市   水道水漏れのご相談

大東市   散水栓水漏れのご相談

大東市   水道管水漏れのご相談

大東市   給水管水漏れのご相談

大東市   配管水漏れのご相談

大東市   下水水漏れのご相談

 

施工事例

 

 

出張可能エリア

 

赤井 曙町 明美の里町 泉町 栄和町 扇町 大野 学園町 川中新町 北楠の里町 北新町 御供田 御領 幸町 三箇 三洋町 新田旭町 新田境町 新田中町 新田西町 新田北町 新田東本町 新田本町 新町 末広町 住道 大東町 太子田 龍間 谷川 津の辺町  寺川 中垣内 中楠の里町 南郷町 錦町 西楠の里町 野崎 灰塚 浜町 氷野 平野屋  平野屋新町 深野 深野南町 深野北 北条 朋来 三住町 緑が丘 南楠の里町 南新田 南津の辺町 諸福

 

大東市の水漏れトラブルに貢献します

 

東西7.5キロメートル、南北4.1キロメートルで、総面積は18.27平方キロメートル。大阪府の東部、河内地方のほぼ中央に位置する人口およそ12万人の大東市。東は豊かな自然が息づく「金剛生駒紀泉国定公園」を境に奈良県に、西は大阪市に接しています。また、北は門真市、寝屋川市、四條畷市に南は東大阪市に、それぞれ接しています。大阪市内及び京都府南部方面へは、JR学研都市線で結ばれ、道路も市の中央を南北に外環状線(国道170号)、東西を府道大阪生駒線が走り、交通の便にもたいへん恵まれたところです。事業所総数は4,889(事業内容等不詳を除く)です。従業者30人未満の中小企業が9割を超えていますが、全体で約5.3万人の人々が働いています。農業は、耕地面積が約28ヘクタール残されており(販売農家分)、緑地環境として大切な役割を果たしています。工業は、機械・金属などを中心に、プラスチック製品、鉄鋼、パルプ・紙・紙加工品が製造され、2,300億円を越える製造品出荷額等をほこります。

商業では、卸売業が事業所数137、年間商品販売額約837億円、小売業ではそれぞれ488、約1,096億円となっています。この地で人々の活動が営まれるのは、今のところ縄文時代草創期のころであることが確認されています。縄文時代前期ごろには生駒山地のすぐ麓まで海水域が入り込み、湾(河内湾)となっていましたが、縄文時代中期以降、湾は次第に規模が縮小し、弥生時代には湾(河内湾)から湖(河内湖)へと変化していきます。そのころ市域の大半が水域に覆われていましたが、河内湾周辺であった中垣内や野崎、北条あたりに人々が住み着き、農耕を基盤とする集落が形成され始めます。

古墳時代には堂山古墳群を始め飯盛山麓一帯に多くの古墳が造営され、その麓には当時朝鮮半島からやってきた渡来系の人々が活動をしていた痕跡が見いだされます。このころから次第に我が国の大きな歴史の流れの中に組み込まれていくようになり、西大寺の荘園であった河内国更占(讃良)郡須濱庄(現在の中垣内の須波麻神社周辺)のことが奈良時代の文献に登場し、当時の土地開発である条里制の名残は、現在でも中垣内から北条にかけて地名として残っています。

平安時代になると清少納言が「枕草子」のなかで勿入渕(ないりそのふち)と呼称しているように、湖は大きな池となっていました。このころ整備された東高野街道沿いには集落が出来、特に奈良へ向かう中垣内越の道と交差する寺川や中垣内辺りは交通の要衝として重要な地となり、「延喜式」には須波麻神社のことが記されています。

水とのかかわりでは古代より度々の水害に見舞われたことが文献に記されており、この地での生活が大変なものであったことがうかがい知ることが出来ます。しかし、ここには豊富な魚介や特産物の蓮など多くの自然の恵みがあり、今の赤井付近には当時の皇室の食料を調達するための供御領が置かれていました。また、平安時代の終わりごろまでには三箇、灰塚、氷野の集落が成立し、鎌倉時代になると北新町や御領、諸福などにも集落が形成され、低地への開発が進んだことを物語っています。東高野街道が通るこの地は、戦略上重要な場所であるため度々戦乱の舞台として歴史に登場します。南北朝の戦いでは「四条畷の合戦」が知られ、戦国時代では三好長慶の居城となった飯盛城があります。このころになると、東に深野池、その西南に新開池と二つの池に範囲が確定し、深野池に浮かぶ島には飯盛城の支城である三箇城があり、城主の三箇殿は自らキリシタンとなりこの地に教会を建設するなど、その熱心な活動と三箇城のいきいきとした様子は、宣教師ルイス・フロイスによって遠くヨーロッパにまで伝えられていました。しかし、その城も今は跡形もなく消えてしまい、「幻の城」として人々のロマンを誘っています。ここまでの歴史の背景であった地域の姿を一変させたのが、江戸時代中期河内平野の治水のためになされた大和川のつけかえ(1704年)とそれに伴う深野池、新開池の干拓、新田の造成でした。とりわけ深野池の新田開発は本願寺難波別院が中心となり、各地からの開拓民の参加によって進められ、その多くの定着はそれ以降の農業と農村の基礎をつくる大きなきっかけとなります。こうした大事業の結果稲作を中心に木綿、菜種などの生産高は飛躍的に増大し、当時「天下の台所」として発展目立つ商都大坂を支える最も重要な後背地の地位を確立することになります。農業生産の伸びは更に地域自体の発展を誘い、この地は大坂と奈良を結ぶ交通の中継地の、周辺一帯からの農産物などの集散地の役割を一層高め、寝屋川、恩智川の合流する角堂浜は剱先船の船着場など貸客舟運の拠点としておおいににぎわいを見せ、野崎参りなど都市部との行き来も盛んになっていきます。こうした様子は今も住道駅の川沿いに残る街並み、街道、史跡、そして「河内名所図絵」や近松半二の浄瑠璃「お染久松」を通してうかがうことが出来ます。またこれに合わせて21の村落が出来、各村を単位に地域社会の仕組みが整い、農民生活も向上していきます。明治に入り廃藩置県(1871年)前後の河内県から堺県へなど移動はあったものの、現在の大東市は寝屋川以北の北西部が茨田郡4村、その他が讃良郡9村7新田に整理、区分され、やがて市町村制公布(1888年)を経て、改めて南郷、住道、四条の3村に統合され(1890年)、更に大阪府の北河内郡設置(1896年)によって、その後合併にまで長く続いた形をと取ることとなりました。近世末には豊かな農業生産を基礎に大坂の経済の支柱になり、また北河内地域の中心に成長したこの地には、資本の蓄積や進取の精神もはぐくまれ、明治の初めには地元篤志家による最初の私学校、深野郷学校の開設(1872年)、片町・四条畷間の鉄道、浪速鉄道の開通(1892年)など時代に先駆ける試みがなされ、地域社会の近代化が促されます。浪速鉄道はその後国有鉄道片町線となり(1907年)、野崎駅の常設化(1912年)が図られるなどしますが、舟運に変わる陸の幹線として大阪都心部と北河内一帯との関係をより密にし、その後の近郊都市化に貢献していくことになります。大正の半ば南郷、住道、四条の3村の人口は約12,300人、2,500世帯(1920年・第1回国勢調査)となり、住民生活の環境づくりへの胎動も生じ、東高野街道筋の電灯設置(1913年)や住道村一円への上水道整備が実現されています。上水道はそれまで河川に依存し、伝染病発生の危険の大きかった飲料水を、灰塚浄水場の建設によって解決したもので、当時の情勢からすれば画期的な事業と評価されました。このような中で人口もわずかずつ増え続け(1920~40年の間年平均約310人の増加)、住道村は先行して町に昇格(1937年)しますが、その直後には全体で約18,600人、3,600世帯のまちになっています。第二次世界大戦前後から寝屋川沿いに都心方向からの工場進出などが見られるようになり、戦争直後には引揚者なども含め人口は23,000人(1947年・国勢調査)を超えます。都市化はまだ緩やかでしたが、昭和27年(1952年)四条村の町昇格の4年後、人口が30,000人規模を超えた直後の昭和31年(1956年)2町1村の合併で大東市が誕生します。

新市のスタートに前後して阪奈道路、大阪中央・外環状線などの広域道路網や国鉄片町駅複線化の事業化が一斉に進み始めます。時を同じくして時代はまさに高度経済成長期と大阪都市圏の外側への膨張期にも重なり、その受け皿としてこれからほぼ20年間大東市は住宅、工場や事業所の目立つ進出によって急速な人口増加と都市化を経験することになります。因みに昭和50(1975)年の人口約111,000人、32,700世帯(国勢調査)は20年前に比べるとそれぞれ3.7倍、3.9倍という驚異的な値を示しています。そしてこれは大東の都市発展を意味したと同時に、もともと農地の比率が高いうえに、地盤も弱く、限られた生活基盤しか持たない地域だっただけに一定の環境水準の達成を求めて空前の行政需要を生み、それらへの対応の難しさがさまぎまな都市問題を引き起こす原因になってしまいます。更にこうしたさなか、人口の10万人突破を記録した昭和47年と3年後の同50年、集中豪雨と河川氾濫による未曾有の水害に襲われ、多くの市民が被災することとなります。しかしそれ以降大東はこの二重の苦難を乗り越え市民のニーズに応えた大都市近郊都市としてのシビル・ミニマムを達成していくため、特に大水害を教訓に下水道事業の推進と河川・水路の改修を最重点課題に挙げ、同時に道路、公園、教育施設、福祉施設、更には住道駅前地区再開発を始め拠点地区整備などを目指して積極的なまちづくりを進めます。現在市民が利用している多くの公共施設の大半はこの時期の市民と行政の努力によってつくり上げられてきたものであり、この苦労は忘れられてはなりません。大東市歴史の散策道 堂山古墳群と龍の里コース(健脚向き)

野崎駅⇔龍間バス停(所要時間2~3時間)野崎駅から堂山古墳群史跡広場を経て山間部の龍間に至るコースです。野崎駅から龍間までは道が険しいので健脚向きです。見どころは、5世紀前半の百舌鳥・古市古墳群と同時期に造られた1号墳をはじめ6世紀から7世紀に造られた多彩な石室を持つ2~7号墳から成る堂山古墳群(史跡広場)と墳丘からの眺望です。また、龍間地区には大阪と奈良を結ぶ立地から古い道標や石仏が残っており、山間部には都会の喧騒を忘れさせてくれる静かなスポットが残されています。龍間から北へ尾根伝いに20分ほど進むと、飯盛城址へ向かう「城址探訪コース」に合流できます。古堤街道を行く(西コース)鴻池新田駅⇔住道駅(所要時間1~1.5時間)鴻池新田駅から住道駅まで、古堤街道をたどりながら、途中の文化財を見学するコースです。道は平坦で歩きやすく歩き慣れていない方でも安心です。街道と並行に流れる寝屋川は、今は高い堤防が築かれていますが、江戸時代は、船に乗る人と街道を歩く人との間で掛け合いをしながら野崎まいりを行ったということです。古堤街道を行く(東コース)住道駅⇔中垣内バス停(所要時間1時間)住道駅から東へ古堤街道を生駒山麓まで進むコースです。終盤に坂道はありますが、ほぼ平坦なコースになっています。明治までは大阪と奈良を結ぶ鉄道はなく、生駒山地を超える街道がいくつも有り、古堤街道もその1つでした。街道周辺には江戸時代の新田開発の名残りをとどめる樋門や水路、市内で唯一の式内社である須波麻神社があります。このコースは中垣内バス停が終点ですが、ここから「東高野街道を行く(南コース)」に入り、来ぶらり四条を経て野崎駅まで行くこともできます。東高野街道を行く(南コース)野崎駅⇔寺川バス停(所要時間1~2時間)野崎駅から市内最古の街道「東高野街道」を南下するコースです。東高野街道の周囲には多くの歴史・文化遺産があり、コースに掲載しているところ以外にも、野崎駅周辺では観音浜石碑や野崎観音、街道沿いに「来ぶらり四条」(大東市の歴史を解説した歴史民俗資料館(無料)と東部図書館などの複合施設)があり、少し山道に入ると堂山古墳群史跡広場などがあります。終点の寺川バス停付近から「古堤街道を行く(東コース)」に進むことができますし、東高野街道は生駒山地の西側を高野山まで続いていることから、このまま南下して東大阪市、八尾市の市域まで足を伸ばすことも可能です。深野池堤防に沿って住道駅⇔住道駅(所要時間1時間)河内街道をたどりながら、水郷の風情が残る御領地区を訪ねた後、深野池のかつての堤防上を南下するコースです。大東市の平野の大部分は、江戸時代の大和川付け替えに伴う深野池の新田開発によるもので、水路に囲まれた低湿地は大東市の原風景です。また、中世、深野池に浮かぶ島に築かれたとされる三箇城や当時数千人いたとされるキリシタンの存在を示す遺構は未だ発見されておらず、三箇城は幻の城と呼ばれ、その場所については諸説あります。城跡探訪(健脚向き)四条畷駅⇔野崎駅(所要時間2~3時間)飯盛山は標高314メートルの比較的低い山ですが、ほとんどがハイキング道の健脚向きのコースです。飯盛山には織豊時代直前、畿内と四国の一部を支配下に置いた三好長慶の居城が築かれたことで知られています。天気の良い日は大阪平野や神戸から京都まで見渡せる270度の眺望が楽しめます。コース途中の青少年野外活動センターで行われるイベント開催時に立ち寄れば、楽しさが倍増するかもしれません。東高野街道を行く(北コース)

四条畷駅⇔野崎駅(所要時間1時間)四条畷駅から野崎観音を経て、野崎駅まで市内最古の街道「東高野街道」を南下するコースです。コースにはありませんが、四条畷駅西側の小楠公(楠木正行)御廟所、山麓の四條畷神社なども合わせて見学してはいかがでしょうか。余力があれば、野崎観音から専應寺、歴史民俗資料館など「東高野街道を行く(南コース)」の文化財を見学したり、商店街での買物も楽しむことができます。いかがでしょうか。今回は大東市の散歩道をご掃海させて頂きました。当社でもこのような街大東市で貢献できればと思います。水回りの水漏れトラブルでお困りの際は是非ご相談頂ければと思います。よろしくお願いいたします。

 

基本情報

 

店名     水回り水漏れトラブル【水道修理プラスワン】
電話番号   0120-755-004
待機エリア  大阪府大東市
営業時間   AM7時~AM1時 
定休日    年中無休

 

Copyright (C) 2010 トイレ水漏れ修理 トイレタンク水漏れ修理 キッチン蛇口水漏れ 水道水漏れ 水道工事 浴室蛇口水漏れ 洗面所洗濯機蛇口水漏れ 【水道修理プラスワン】 All Rights Reserved.