奈良 田原本町解体工事   家解体工事     住宅解体工事  解体工事プラスワン

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

磯城郡田原本町出張可能エリア

 

旭町 味間 味間町 市町 今里 伊与戸 魚町 戎通 多 大網 大木 鍵

郭内 笠形 金沢 唐古 祗園町 蔵堂 黒田 小阪 小室 金剛寺 材木町 幸町 堺町 阪手 佐味 十六面 新地 新町 為川南方 為川北方 大安寺 大門中 大門東 大門西 千代 茶町 殿町 富本 新木 西井上 西竹田 西代 根太口 秦庄 八田 東井上 平田 平野 法貴寺 保津 本町 松本 満田 三笠 南町 宮古 宮森 三輪町 室町 八尾 薬王寺 八幡町 矢部

 

会社概要

 

社名     磯城郡田原本町家解体工事 住宅解体工事  【解体工事プラスワン】

所在地    奈良県北葛城郡王寺町葛下3‐18‐1

電話番号   0120-755-004

業務内容   店舗・内装解体  家屋まるごと解体工事 小規模解体工事  ビル・マンション解体工事 

営業時間   24時間対応 年中無休

 

磯城郡田原本町ではこのような解体工事のご相談、ご依頼をよく頂きます

 

磯城郡田原本町  お家解体工事のご相談       

磯城郡田原本町   家解体工家ご相談         
磯城郡田原本町   内装解体工事のご相談          
磯城郡田原本町      家屋解体工事のご相談        

磯城郡田原本町    アパート解体工事のご相談      

磯城郡田原本町    マンション解体工事のご相談     

磯城郡田原本町    自宅解体工事のご相談        

磯城郡田原本町    住宅解体工事のご相談        

磯城郡田原本町     店舗解体工事のご相談        

磯城郡田原本町     店舗内装解体工事のご相談      

 

施工事例

 

磯城郡田原本町の解体工事に貢献します

 

田原本町は奈良盆地の中央部に位置し、東部を大和川、中央部を寺川、西部を飛鳥川、曽我川がそれぞれ北流し、これらの河川にはさまれた平坦地として形成され、豊かな田園都市という風貌を見せています。 周りを山に囲まれ、夏は暑く、冬は寒い典型的な盆地型気候で、周辺の山地に比べて雨が少ないのが特徴です。歴史の国、大和の中でもっとも早くから開けたところで、弥生時代の大遺跡「唐古・鍵遺跡」など数多くの文化遺産が残っています。水田は、古代から条里制が整備され、中世には、東大寺や興福寺などの荘園が設けられました。 また、水陸交通の要衝の地にあることから、町の中心の田原本地区は中世に楽田寺の門前として開け、近世には教行寺の寺内町として発展しました。江戸時代には交代寄合の平野氏の陣屋町として栄え「大和の大坂」といわれるほど商業が盛んとなりました。 明治22年町村制施行に際して、田原本町が発足、大正7年には大和鉄道(現近畿日本鉄道田原本線)が、同12年には大軌電車(現近畿日本鉄道橿原線)が開通し、駅前には映画館や飲食店がある商店街が形成され、近隣町村を含む広範囲な商圏を持っていました。 昭和31年には、多村、川東村、平野村、都村、田原本町の5か町村が合併して新しい田原本町が誕生しました。田原本町には様々な伝統行事や寺社がありますので一部ご紹介させていただきます。鏡作神社 鏡作坐天照御魂神社は、田原本町八尾に鎮座する延喜式内大社で、「和名抄」鏡作郷に鎮座する。祭神は天照国照日子火明命、石凝姥命、天児屋根命で、古来から鏡鋳造の神として信仰された。このうち石凝姥命は、天照大神の御魂の神爾の鏡として内待所に祀る鏡を鋳造したとされる神で、社伝ではその試鋳の鏡が鏡作神社のご神体であると伝える。この神社では、毎年2月下旬に御田植祭が行われる。お田植舞、豊年舞、牛使いが行われ、近隣の氏子でにぎわう。牛使いが乱暴にすると慈雨に恵まれるという。池神社 池神社は、初瀬川沿いに鎮座する。祭神は天万栲幡千千比売命・菅原道真で、明治初年ごろまでは天満宮と称されていた。現在は延喜式内大社「池坐朝霧黄幡比売神社」に比定されている。 中世の天満宮は、在地豪族長谷川党の鎮守であった。近世以降も 法貴寺の実相院が社僧として社務全般を支配した。この関係は神仏分離により法貴寺から池神社が切り離されるまで続いた。 池神社では、秋の例祭に各垣内から5台の山車が出される。山車は近世の製作で、中国古典などを題材とした彫刻が施されている。補巌寺 曹洞宗の寺院。至徳元年(1384年)了堂真覚禅師の創建で、大和では禅宗の寺院として初めて建立されたと伝えられています。能楽観世流の世阿弥が本寺において得度しています。また、室町時代には、豪族十市氏の菩提寺として隆盛を極め、江戸時代には味間村の領主藤堂氏の祈願所となりました。しかし、本堂は江戸時代末に焼失し、現在は、山門が、「宝陀山」の扁額を掲げ、盛時の面影を今に伝えています。また、山門のわきには、有志によって「世阿弥参学之地」碑が建立されています。秦楽寺 大化3年(647年)、秦河勝の建立と伝えられています。本尊の千手観世音菩薩立像は百済国から聖徳太子に献じられたもので、河勝が太子より賜ったものとされていますが、現在のものは平安時代の作で、脇侍は秦河勝と聖徳太子であるといわれています。また、本堂前面にある「阿字池」は、弘法大師の築造と伝えられ、大師が、池の蛙がやかましく鳴くので叱ったところそれ以来鳴かなくなったとの伝説が残っています。浄福寺 浄福寺は、融通念仏宗の寺。寺伝によると元亀二年(1571年)の開基で、僧快運の中興という。初瀬川の東岸、蔵堂集落西の入り口にひときわ目立つ御堂が建つ。これが浄福寺本堂である。下層方形、上層六角の建築物であり、慶応二年(1866年)6月24日の棟札がある。本尊は、阿弥陀如来座像で鎌倉時代後期の作。 浄照寺本堂 浄照寺は、平野長勝の創建と伝えられ、木造阿弥陀如来立像(江戸時代前期)を本尊としています。また、寺宝として親鸞上人画像一幅があり、大谷本廟に安置されていたものを本願寺から下付されたといわれています。 主な建造物には、本堂・庫裏・鐘楼・太鼓楼・表門があり、このうち表門は、伏見桃山城の城門を移築したものと伝えられています。 浄照寺の本堂は、慶安4年に建立された、入母屋造本瓦葺の建物です。村屋神社 延喜式内大社で、桜井市三輪の大神神社の別宮といわれる。祭神は弥冨都比売命と大物主命。通称を村屋社、又は森屋社といい、社伝によれば天武天皇がこの社に行幸し森の中の屋に籠られた故事にちなむものという。事実、日本書紀には「壬申の乱」において村屋神が大海人皇子に神託を与えたことが記されている。また、近江軍の犬養連五十君が村屋にとどまったとの記述も見え、中ツ道沿いにある村屋神社が「壬申の乱」の際には重要な戦略拠点であったと考えられる。戦国時代末には戦火を被り、社地を奪われ、一時途絶するが、社地を縮小して現在に至る。本殿は幕末の建築と考えられる。多神社本殿  多坐弥志理都比古神社は、田原本町多に所在する延喜式内大社です。祭神は神武天皇・神八井耳命・神淳名川耳命(綏靖天皇)・姫御神(玉依姫)の四柱で、このうち神八井耳命は、多を根拠地とし、太安万侶らをはじめとする古代氏族多氏の祖とされています。 多神社本殿は、東西に一間社が並ぶ四殿配祀の一間社春日造です。第一・二殿が1735年、第三・四殿が18世紀中頃の建造です。当本殿は、昭和52年に檜皮葺から銅板葺に改められた以外は当初形式をよく残しています。また、春日造社殿としては類例の少ない手法もみられ、近世中頃の本殿建築として注目されています。 村屋神社の秋祭り 巫女が平神楽、扇の舞、剣の舞、矛の舞など、代々伝えられてきた神楽(代々神楽)を舞い神様に奉納する。 池神社の秋祭り 古来、機織の神様として信仰されている。秋祭の宵宮では華やかに飾りつけられた5台の山車により「宮入り」が執り行われる。山車は拝殿の前に並べられ、神楽や、祭り囃子などが奉じられる。 祇園まつり 五穀豊穣、悪疫退散を祈り、毎年7月に行われる津島神社の例祭で、通称「祇園さん」で親しまれている。「大和の大坂」と呼ばれるほどの豊かな財力をもとに、古くから盛大に行われてきた。今も中和地方最大の夏祭りとして、近隣各地から集まった人々で賑わう。 華鎮祭 五穀豊穣と村人の無災を祈るために行われる古典味豊かな神事。弓矢で悪霊をうちすくめ、その年の安泰を祈り、稲作の豊かである事を願う正月の行事。 神事では神主の祝詞奏上に続いて華鎮祭文が読み上げられ、まずは神主が梅の弓に女竹の矢を番えて射る。次に五人組の若者が各9本ずつ矢を射り、皆射り終わると参詣者は的を木っ端微塵に打ち破り、取り合いを演じる。その破片を各自家に持ち帰り、災難除けや蛇除けのまじないとして神棚に祀る。 蛇巻き 毎年6月の第1日曜日に今里の杵築神社と鍵の八坂神社で蛇巻きの行事がおこなわれます。蛇巻きは、その構成員が男子であり、旧暦の5月5日に行われる端午の節句にちなんだ行事です。また、やがてくる田植え時に雨が降るようにという祈りも込められています。 夏越し大祓い 本格的な夏を前にしたこの時期、村屋神社では毎年「夏越し大祓式(水無月祓い)」の神事が行われる。この祭りは、半年間の無事を感謝するとともに、残りの半年間の息災を祈願するもので、奈良時代の宮中行事であり、日本最古の宗教儀礼とも言われている。 綱かけ 農作物が豊作であるように、また村に邪霊が入らないようにと祈願する祭りで、江戸時代から続いているといわれている。 おおれんぞ 五穀豊穣を神に祈る春祭りで、主な行事は「おもちまき」。例年多くの参拝者が撒かれたお餅を取り合う。午前に神事が行われ、午後には芸能奉納が行われる。 御田植祭 牛使いの森講が牛男に扮した牛を使って、田植えの準備を行い、この時、牛が良く暴れた年が豊年になると伝えられている。神主が田植えを行い、使った苗松は郷中の農家、参列者に配られる。最後は餅まきで終了する。このような寺社仏閣の多い歴史あふれるまち田原本町で当社も貢献出来れば幸いで御座います。解体工事でお困りの際は是非ご相談下さい宜しくお願い致します。

 

磯城郡田原本町情報

 

12,732世帯      15,216人         16,525人         31,741人

東幼稚園                      田原本町大字伊与戸193番地の1         北幼稚園                      田原本町大字鍵161番地         

田原本幼稚園               田原本町381番地の2 

南幼稚園                      田原本町大字千代299番地     

平野幼稚園                  田原本町大字平野59番地の1  0公立小中学校一覧表

公立小中学校一覧表

学校名  郵便番号          住所     電話番号

東小学校                      田原本町大字大木1番地の1   

北小学校                      田原本町大字鍵155番地         

田原本小学校               田原本町大字新町48番地       

南小学校                      田原本町大字千代306番地     

平野小学校                  田原本町大字平野62番地の3 

田原本中学校               田原本町33番地         

北中学校                      田原本町大字鍵71番地

田原本青垣生涯学習センター

所在地:〒636-0247 奈良県磯城郡田原本町阪手 233-1

現在のページ

田原本町|子どもから高齢者まで誰もがいきいきとした暮らしを楽しむまち・たわらもと 行政情報 公共施設 スポーツ施設 中央体育館庭球場

中央体育館庭球場

中央体育館庭球場の写真

所在地

奈良県磯城郡田原本町平田46番地

健民運動場

健民運動場の写真

所在地

奈良県磯城郡田原本町西井上3番地の3

やすらぎ体育館

やすらぎ体育館の写真

所在地

奈良県磯城郡田原本町金剛寺58番地の2

中央体育館

中央体育館の写真

所在地

奈良県磯城郡田原本町平田46番地

スケートボードパーク

スケートボードパーク

所在地

奈良県磯城郡田原本町平田46番地

グラウンドゴルフ場

スケートボードビギナーズスクール

グラウンドゴルフ場

老人福祉センターの概要

老人福祉センター外観

所在地

奈良県磯城郡田原本町金剛寺39

保健センター

保健センターの概要

保健センター、磯城休日応急診療所外観

所在地

 奈良県磯城郡田原本町宮古404-7

田原本町清掃センター

田原本町清掃センター外観の写真

所在地

 田原本町大字矢部123番地の1

田原本町浄化センター

田原本町浄化センター外観の写真

所在地

 田原本町大字黒田50番地の1

田原本町浄水場

田原本町浄水場の写真

所在地

田原本町大字西竹田280

田原本上下水道部

日本

奈良県磯城郡田原本町西竹田280

田原本駅前自転車駐車場          笠縫駅前自転車駐車場

所在地  田原本町170番地の2  田原本町大字宮森326番地の2

町民ホール

町民ホール

所在地

奈良県磯城郡田原本町890の1

さわやか交流センター

さわやか交流センター

所在地

奈良県磯城郡田原本町金沢123

ふれあいセンター

ふれあいセンターの概要

ふれあいセンター外観

所在地

 奈良県磯城郡田原本町為川北方115の6

田原本町埋蔵文化財センター

所在地

田原本町大字阪手347番地の1

田原本町イベント広場

所在地

 奈良県磯城郡田原本町550番地外

清水風遺跡

住所:奈良県磯城郡田原本町大字唐古

唐古・鍵遺跡

住所:奈良県磯城郡田原本町大字唐古および大字鍵

杵築神社

住所:奈良県磯城郡田原本町大字今里

杵築神社

住所:奈良県磯城郡田原本町大字今里

黒田大塚古墳

住所:奈良県磯城郡田原本町大字黒田

法楽寺

住所:奈良県磯城郡田原本町大字黒田字寺垣内

孝霊神社

住所:奈良県磯城郡田原本町大字黒田

笹鉾山古墳

住所:奈良県磯城郡田原本町大字八尾字山本

八坂神社

住所:奈良県磯城郡田原本町大字鍵

唐古・鍵遺跡

住所:奈良県磯城郡田原本町大字唐古および大字鍵

池神社

住所:奈良県磯城郡田原本町大字法貴寺宮ノ前

千万院

住所:奈良県磯城郡田原本町大字法貴寺字寺内

安養寺

住所:奈良県磯城郡田原本町大字八尾40

グラウンドゴルフ場

住所:奈良県磯城郡田原本町大字法貴寺・東井上

鏡作神社

住所:奈良県磯城郡田原本町大字八尾字ドウズ

薬師堂

住所:奈良県磯城郡田原本町大字宮古字寺垣内

松本の石仏

住所:奈良県磯城郡田原本町松本396

羽子田古墳群

住所:奈良県磯城郡田原本町字東羽子田

羽子田古墳群

住所:奈良県磯城郡田原本町字東羽子田

本誓寺

住所:奈良県磯城郡田原本町茶町

浄照寺

住所:奈良県磯城郡田原本町茶町

田原本町イベント広場

住所:奈良県磯城郡田原本町550番地外

樟の巨樹

住所:奈良県磯城郡田原本町大字薬王寺514

やすらぎ公園

住所:田原本町金剛寺地内

教行寺

住所:奈良県磯城郡田原本町大網

浄福寺

住所:奈良県磯城郡田原本町蔵堂

村屋神社

住所:奈良県磯城郡田原本町大字蔵堂425-428

安楽寺

住所:奈良県磯城郡田原本町矢部680

秦楽寺

住所:奈良県磯城郡田原本町大字秦楽寺

本光明寺

住所:奈良県磯城郡田原本町大字千代(八条)字中垣内

補巌寺

住所:奈良県磯城郡田原本町大字味間

多神社

住所:奈良県磯城郡田原本町大字味間

 

Copyright (C) 2010 【解体工事プラスワン】格安解体工事 磯城郡田原本町解体屋 磯城郡田原本町解体工事 住宅解体工事 家屋解体工事 内装解体工事 家解体工事 All Rights Reserved.