生駒郡斑鳩町  解体工事  家解体工事      住宅解体工事の解体工事プラスワン

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

生駒郡斑鳩町出張可能エリア

 

阿波 五百井 稲葉西 稲葉車瀬 岡本 興留 興留東 幸前 小吉田 神南 高安 高安西 龍田 龍田西 龍田南 龍田北 東福寺 服部 法隆寺 法隆寺山内 法隆寺東 法隆寺西 法隆寺南 法隆寺北 三井 目安 目安北

 

会社概要

 

社名     生駒郡斑鳩町家解体工事 住宅解体工事  【解体工事プラスワン】

所在地    奈良県北葛城郡王寺町葛下3‐18‐1

電話番号   0120-755-004

業務内容   店舗・内装解体  家屋まるごと解体工事 小規模解体工事  ビル・マンション解体工事 

営業時間   24時間対応 年中無休

 

生駒郡斑鳩町ではこのような解体工事のご相談、ご依頼をよく頂きます

 

生駒郡斑鳩町   お家解体工事のご相談       

生駒郡斑鳩町   家解体工家ご相談         
生駒郡斑鳩町   内装解体工事のご相談          
生駒郡斑鳩町      家屋解体工事のご相談        

生駒郡斑鳩町   アパート解体工事のご相談      

生駒郡斑鳩町   マンション解体工事のご相談     

生駒郡斑鳩町    自宅解体工事のご相談        

生駒郡斑鳩町    住宅解体工事のご相談        

生駒郡斑鳩町    店舗解体工事のご相談        

生駒郡斑鳩町    店舗内装解体工事のご相談      

 

施工事例

 

生駒郡斑鳩町の解体工事に貢献します

 

斑鳩町の歴史は古く、聖徳太子が飛鳥から斑鳩宮に移ってきたことで斑鳩の地は一躍脚光を浴びました。中世以降、斑鳩は太子信仰の中心地となり、集落の成立に大きな影響を与えました。近世に入り、法隆寺の門前や龍田村(明治25年から龍田町)は、市や宿場町として栄え、その後、明治の廃藩置県を経て、昭和22年2月11日、龍田町、法隆寺村、富郷村が合併して現在の斑鳩町が誕生しました。斑鳩(いかるが)」という名の由来は、一説によると、この地に斑鳩という鳥が群をなしていたためだと言われています。この鳥はイカルという鳥で、漢字で斑鳩・鵤とも書きます。また、聖徳太子が法隆寺を建てる土地を探しておられると、「いかる」の群れが集まって空に舞い上がり、ここが仏法興隆の地であるとおしえたと伝えられています。なお、伊香留我伊香志男命(いかるがいかしおのみこと)がこの地の神として祀られていたからという説もあります。明治時代以降現在に至っても「法隆寺再建・非再建論争」の決着はしていないとの考えもありますが、斑鳩寺の焼失後と考えられる七世紀後半の世界最古の現存する木造建物群を有する法隆寺の建立により、中宮寺、法起寺、法輪寺と日本を代表する古代寺院の建設が本格的に再開し、白鳳期の仏教文化がひときわ輝きを放ちました。その後、奈良時代に斑鳩宮跡に夢殿で有名な法隆寺東院の建立をはじめ、特に法隆寺におきましては、現在に至るまで綿々と仏教文化を伝えられてきましたことから、「法隆寺地域の仏教建造物」として、国内初の世界文化遺産となっております。このような街斑鳩町で当社も貢献できれば幸いで御座います。解体工事でお困りの際は是非当社にご相談下さい。よろしくお願い致します。

 

生駒郡斑鳩町情報

 

総人口28,352人

男13,449人

女14,903人

世帯数11,825世帯

たつた保育園」   斑鳩町龍田1-5-1

あわ保育園」    斑鳩町阿波3-5-33

斑鳩黎明保育園」  斑鳩町法隆寺西3-8-8

小規模保育所ほうりゅうじ」  斑鳩町法隆寺2-9-35

幼稚園一覧

斑鳩幼稚園     斑鳩町法隆寺南1丁目13番15号   

斑鳩西幼稚園  斑鳩町神南2丁目4番31号 

斑鳩東幼稚園  斑鳩町興留東1丁目1番16号        

法隆寺幼稚園(私立)(        斑鳩町法隆寺2丁目9番35号

小学校一覧

斑鳩小学校     斑鳩町法隆寺南1丁目13番46号   

斑鳩西小学校(         斑鳩町神南2丁目4番25号 

斑鳩東小学校  斑鳩町法隆寺南2丁目11番5号

中学校一覧

斑鳩中学校     斑鳩町龍田北1丁目20番1号        

斑鳩南中学校  斑鳩町目安北3丁目1番77号

ふれあい交流センターいきいきの里

斑鳩町法隆寺北1丁目13番15号

し尿処理施設(鳩水園/きゅうすいえん)

斑鳩町神南2丁目5-13

ごみ処理施設

斑鳩町幸前2-8-9

火葬場

斑鳩町法隆寺北1-12-30

町民プール

   ・所在地 奈良県生駒郡斑鳩町神南 2-5-27

斑鳩町消防コミュニティセンタ

奈良県生駒郡斑鳩町龍田南5-7-47

斑鳩町法隆寺五丁地区地域交流館

奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺東1-4-6

町営自転車駐車場

斑鳩町興留7丁目県道大和高田斑鳩線法隆寺誇線橋下

国指定文化財

区分    名称    数量

建造物 法隆寺金堂     一棟

建造物 法隆寺中門     一棟

建造物 法隆寺五重塔  一基

建造物 法隆寺東院夢殿         一棟

建造物 法隆寺上御堂(上堂)          一棟

建造物 法隆寺大講堂  一棟

建造物 法隆寺鐘楼     一棟

建造物 法隆寺経蔵     一棟

建造物 法隆寺廻廊     二棟

建造物 法隆寺東院南門(不明門)    一棟

建造物 法隆寺東院四脚門      一棟

建造物 法隆寺東院礼堂         一棟

建造物 法隆寺東院廻廊         二棟

建造物 法隆寺東院鐘楼         一棟

建造物 法隆寺東院伝法堂      一棟

建造物 法隆寺東院舎利殿および絵殿 一棟

建造物 法隆寺南大門  一棟

建造物 法隆寺西円堂  一棟

建造物 法隆寺聖霊院  一棟

建造物 法隆寺食堂および細殿          二棟

建造物 法隆寺東大門  一棟

建造物 北室院本堂     一棟

建造物 法隆寺地蔵堂  一棟

建造物 法隆寺三経院および西室       一棟

建造物 法隆寺新堂     一棟

建造物 北室院表門     一棟

建造物 宗源寺四脚門(勧学院表門) 一棟

建造物 法隆寺東室     一棟

建造物 法隆寺妻室     一棟

建造物 福園院本堂     一棟

建造物 法隆寺綱封蔵  一棟

建造物 法隆寺大湯屋  一棟

建造物 法隆寺大湯屋表門      一棟

建造物 西園院客殿     一棟

建造物 西園院上土門  一棟

建造物 寶珠院本堂     一棟

建造物 法隆寺西院大垣         三棟

建造物 法隆寺西院東南隅子院築垣    二棟

建造物 法隆寺西院西南隅子院築垣    二棟

建造物 法隆寺東院大垣         三棟

建造物 法隆寺薬師坊庫裡      一棟

建造物 法隆寺西園院唐門      一棟

建造物 法隆寺北室院太子殿   一棟

建造物 法隆寺中院本堂         一棟

建造物 旧富貴寺羅漢堂         一棟

建造物 律学院本堂     一棟

絵画    絹本著色蓮池図         一隻

絵画    絹本著色星曼荼羅図   一面

絵画    絹本著色扇面古写経   一幅

絵画    絹本著色孔雀明王像   一幅

絵画    絹本著色毘沙門天像   一面

絵画    絹本著色五尊像         一幅

絵画    絹本著色十六羅漢像   一双

絵画    絹本著色聖徳太子像   一面

絵画    金堂内陣旧壁画         二十面

絵画    金堂外陣旧壁画         十二面

絵画    五輪塔初層旧壁画      十八面

絵画    絹本著色聖皇曼荼羅図          一幅

彫刻    木造観音菩薩立像(百済観音)        一軀

彫刻    木造観音菩薩立像(夢殿安置)        一軀

彫刻    銅造薬師如来坐像(金堂安置)        一軀

彫刻    木造四天王立像(金堂安置) 四軀

彫刻    木造観音菩薩立像(九面観音)        一軀

彫刻    銅造観音菩薩立像(金堂薬師如来脇侍)      二軀

彫刻    木造観音菩薩立像      一軀

彫刻    銅造観音菩薩立像(夢違観音)        一軀

彫刻    金銅阿弥陀三尊像      三軀

彫刻    木造伝観勒僧正坐像   一軀

彫刻    木造薬師如来及両脇侍坐像(講堂安置)      三軀

彫刻    木造釈迦如来及両脇侍坐像(上堂安置)      三軀

彫刻    塑像薬師如来坐像      三軀

彫刻    塑像梵天、帝釈天立像          二軀

彫刻    木造弥勒菩薩半跏像   一軀

彫刻    塑像道詮律師坐像(所在夢殿)        一軀

彫刻    木造毘沙門天、吉祥天立像(金堂安置)      二軀

彫刻    木造四天王立像(上堂四天王)        四軀

彫刻    木像梵天、帝釈天立像(所在食堂)  二軀

彫刻    木造聖徳太子山背王、殖栗王、卒末呂王、恵慈法師坐像(聖霊院安置)          五軀

彫刻    乾漆薬師如来坐像(西円堂安置)     一軀

彫刻    木造地蔵菩薩立像      一軀

彫刻    木造薬師如来両脇士像(新堂安置)  三軀

彫刻    木造聖観音立像(夢殿観音前立)     一軀

彫刻    木造如意輪観音坐像(聖霊院安置)  一軀

彫刻    木造地蔵菩薩立像(聖霊院安置)     一軀

彫刻    木造四天王立像(新堂安置) 四軀

彫刻    金銅釈迦如来文殊菩薩像一座 二軀

彫刻    金銅薬師如来坐像(伝峰薬師胎内仏)         一軀

彫刻    乾漆阿弥陀如両脇士像          三軀

彫刻    金銅誕生釈迦仏立像、観世音菩薩立像         六軀

彫刻    厨子入銅板押出阿弥陀三尊及僧形像  一基

彫刻    銅板押出如来及両脇侍立像    一面

彫刻    銅板舟形後屏  一面

彫刻    塑像四天王立像         四軀

彫刻    木造阿弥陀如来坐像   一軀

彫刻    木心乾漆弥勒菩薩坐像          一軀

彫刻    木造文殊普賢菩薩立像          二軀

彫刻    木造日光月光菩薩立像          二軀

彫刻    乾漆観音勢至菩薩立像          二軀

彫刻    木造観音勢至菩薩立像          二軀

彫刻    木造舞楽面     三十五面

彫刻    木造菩薩面     三面

彫刻    木造善女竜王立像      一軀

彫刻    木造阿弥陀如来坐像(三経院安置)  一軀

彫刻    木造十二神将立像(西円堂安置)         十軀

彫刻    厨子入木造聖徳太子坐像(所在御絵殿)      一軀

彫刻    木造弥勒菩薩坐像      一軀

彫刻    木造千手観音立像(所在地蔵堂)     一軀

彫刻    木造如意輪観音坐像   一軀

彫刻    木造阿弥陀如来坐像(所在夢殿)     一軀

彫刻    木造普賢延命坐像(所在金堂)        一軀

彫刻    木造釈迦如来坐像      一軀

彫刻    木造弥勒仏坐像         一軀

彫刻    木造阿弥陀如来坐像   一軀

彫刻    木造天鼓雷音如来坐像          一軀

彫刻    木造薬師如来坐像      一軀

彫刻    木造釈迦如来坐像      一軀

彫刻    木造薬師如来坐像      一軀

彫刻    金銅釈迦如来立像      一軀

県指定文化財

区分    名称    数量

建造物 法輪寺 一棟

彫刻    木造釈迦如来坐像      一軀

建造物 素盞鳴神社本殿         一棟

工芸    剣       一口

工芸    阿弥陀三尊繍仏         一幅

天然記念物     ソテツの巨樹 

史跡    仏塚古墳       

町指定文化財

区分    名称    数量

史跡    駒塚古墳       

史跡    調子丸古墳

西里遺跡

西里集落を中心した、標高60m前後の緩やかな丘陵南斜面に立地します。斑鳩では数少ない縄文、弥生時代の遺跡が見つかっています。

酒ノ免遺跡

掘立柱建物のみで構成された古墳時代の集落遺跡です。斑鳩東小学校建設に伴い実施した発掘調査により発見されました。

東福寺遺跡

東福寺遺跡は斑鳩町東福寺を中心に展開する遺跡です。この辺りにはその名のとおり東福寺という寺がかつてありました。

駒塚古墳

国道25号の南側、幸前集落と国道25号線を挟んだ南側に所在する、前方部を南に向けた前方後円墳です。

調子丸古墳

駒塚古墳の南側約100mに位置します。直径14m程度の円墳です。

瓦塚古墳群

瓦塚古墳群は、前方後円墳2基と円墳1基からなる古墳群で、法起寺の北西方向の標高70~80mの尾根上に立地します。

 

斑鳩大塚古墳

五百井の集落の北側、矢田丘陵から南に延びた緩やかな丘陵上に立地しています。直径35m、高さ4mの円墳です。

仏塚古墳

仏塚古墳は、法隆寺背後の通称「寺山」と呼ばれている丘陵よりさらに北にのびた小丘陵の先端部に立地します。

 

御坊山古墳群

藤ノ木古墳の西側で、宅地造成工事中に3基の古墳が発見されました。なかでも3号墳は横口式石槨という特殊な構造をしたもので、漆塗りの陶棺内には人骨と共に、三彩を施した硯、ガラス筆管、琥珀製枕などが出土しました。石槨の構造や副葬品から7世紀代の古墳と推定されています。現在これらの古墳は住宅地となり消滅してしまいましたが、3号墳の横口式石槨や副葬品は橿原考古学研究所附属博物館に常設展示されています。

 

 

史跡三井

この井戸は、法輪寺旧境内の範囲に含まれ、聖徳太子が開掘した三基のうちのひとつだと伝えられており、法輪寺の別名である「三井寺」や「御井寺」についても、この井戸に由来しているようです。

法輪寺

斑鳩の飛鳥時代寺院として著名な法輪寺ではありますが、その創建については、『聖徳太子伝私記』の聖徳太子の子である山背大兄王と、その子の由義王が、聖徳太子の病気平癒を願って建立したとする説と、『上宮聖徳太子伝補闕記』の斑鳩寺が焼失したことから、百済聞法師等三人が建立したとする二つの説があります。

 

法起寺

法起寺の発掘調査は昭和35年の石田茂作氏による調査以来数度にわたり実施されています。

史跡中宮寺跡

現在の中宮寺は法隆寺東院の東側にありますが、元は400m東方に所在していました。

史跡三井瓦窯跡

三井瓦窯跡は、法起寺西側の尾根丘陵に立地する瓦塚2号墳後円部の西側斜面に所在します。

上宮遺跡

上宮遺跡は、平成3年度の歴史公園整備事業に伴い発掘調査を実施したところ、奈良時代の大型の掘立柱建物群が見つかったことにより新たに名付けられた弥生時代から鎌倉時代の複合遺跡です。

 

Copyright (C) 2010 【解体工事プラスワン】格安解体工事 生駒郡斑鳩町解体屋 生駒郡斑鳩町解体工事 住宅解体工事 家屋解体工事 内装解体工事 家解体工事 All Rights Reserved.