大阪 藤井寺市解体工事   家解体工事     住宅解体工事  解体工事プラスワン

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

 

 

0120-755-004に電話する

 

 

藤井寺市出張可能エリア

 

青山 梅が園町 恵美坂 大井 岡 春日丘 春日丘新町 川北 北岡 国府 古室 小山 小山新町 小山藤の里町 小山藤美町 さくら町 沢田 惣社 津堂 道明寺 西大井 西古室 野中 林 東藤井寺町 藤井寺 藤ケ丘 船橋町 北條町 御舟町 陵南町

 

会社概要

 

社名     藤井寺市家解体工事 住宅解体工事  【解体工事プラスワン】

所在地    奈良県北葛城郡王寺町葛下3‐18‐1

電話番号   0120-755-004

業務内容   店舗・内装解体  家屋まるごと解体工事 小規模解体工事  ビル・マンション解体工事 

営業時間   24時間対応 年中無休

 

藤井寺市ではこのような解体工事のご相談、ご依頼をよく頂きます

 

藤井寺市  お家解体工事のご相談       

藤井寺市   家解体工家ご相談         
藤井寺市   内装解体工事のご相談          
藤井寺市     家屋解体工事のご相談        

藤井寺市    アパート解体工事のご相談      

藤井寺市    マンション解体工事のご相談     

藤井寺市    自宅解体工事のご相談        

藤井寺市    住宅解体工事のご相談        

藤井寺市     店舗解体工事のご相談        

藤井寺市     店舗内装解体工事のご相談      

 

施工事例

 

藤井寺市の解体工事に貢献します

 

藤井寺市は、古代文化発祥の地であり、金剛・和泉山系に源を発する石川と大和盆地から流出する大和川との合流点の西側には段丘地形が発達し、この段丘面に巨大な古墳が築造されました。 市北東部の国府は、先土器時代より旧石器文化の栄えた所で、大化の改新(645年)以後は、「河内国府」が設置され、名実とも河内の中心地でした。 古代においては、河内と大和を結ぶ大津道(長尾街道)や丹比道(竹の内街道)の要地として栄え、平安時代末期から鎌倉時代に移ると、清和天皇の子孫である源頼信が土着して「河内源氏」の祖となり、以来当地を基盤に活躍しました。藤井寺市には古墳や寺社のどの文化財が多く存在し歴史溢れる街ですが、そちらの一部をご紹介したいと思います。

城山古墳 城山古墳は藤井寺市の北西部津堂にある大型の前方後円墳です。城山という地名は中世の室町時代にこの古墳をお城として再利用したことにちなんだものでしょう。城山の前に津堂という地名を冠するのは、城山と称する古墳が全国にいくつもあり、これらと区別するため津堂城山古墳と呼んでいるのです。さて城山古墳が属する古市古墳群は、墳丘長200メートルを超える巨大な前方後円墳が6基も含まれ、堺市の百舌鳥古墳群とともに古墳時代の代表的な大型古墳群として全国に知られています。これら大型古墳の多くは、天皇家の先祖のお墓として陵墓に指定されています。城山古墳も「藤井寺陵墓参考地」として治定を受けています。葛井寺と国宝千手観音 葛井寺は、紫雲山三宝院剛琳寺と号し、剛琳寺ともいいます。古代氏族葛井氏の氏寺として、7世紀後半の白鳳時代に建立されました。寺蔵の古絵図や『河内名所図会』からみると、東西に塔をもつ薬師寺式の伽藍配置をとっていたことが知られます。飛鳥時代から奈良時代にかけては、全国各地で有力な氏族が、仏教興隆を奉じて競って氏寺を造りました。葛井寺もその一つなのです。葛井氏は、6世紀に活躍した渡来系の王辰爾の甥の胆津を祖とし、『日本書紀』によれば、吉備の白猪屯倉の田部の丁を定めた功績で白猪氏の姓を賜りました。その後、葛井と改め、一族の葛井連広成が葛井寺を創建したと伝わります。また、藤井寺という地名は、のちに大和在住の藤井安基という人が葛井寺の荒廃を嘆き、その復興に尽力したことから生まれたといいます。道明寺天満宮の笹散双雀鏡と脇差 笹散双雀鏡は、白銅製で鏡径20センチメートルの円鏡です。鏡背は縁をつくり、圏線をよって内区と外区に分け、内区の中央に素文の鈕(ちゅう)をおき、この鈕から大小3本の帯が左右にのびて鏡縁にまで達しています。内区の上方には二羽の飛雀が向い合って表され、鈕の上下に笹散らし文様のようにして表されています。外区には左右が対称になるようにほぼ同形の笹が表されています。鏡の表面には金泥で梵字の「ア」が金泥の蓮台の上に描かれています。鏡箱は鏡背とほぼ同じ笹散文様が蒔絵で表され、鏡と箱が一具としてつくられたとみられます。鏡箱の上部に2個の吊環がそなわっていることからすると、中に納めた鏡を御正体(みしょうたい)として祀ることを最初から予定していたと考えられます。この鏡と箱は、文様表現や製作技法からすると鎌倉時代につくられたと推定されます。秀光の銘が入った脇差は、刀身の長さ35.7センチメートル、茎の長さ10.2センチメートルです。目釘穴は一つでその下に「秀光」の銘が刻まれています。

道明寺天満宮と国宝伝菅公遺品 道明寺天満宮は、もと土師氏の氏神として成立し、現在では天穂日命、菅原道真公、覚寿尼を祀っています。平安時代に学者・政治家として活躍された道真公は、延喜3年(903年)に九州の太宰府で病死されました。道真公の死後、京都では天変地異がしきりに起こり、朝廷では皇太子の夭折など不運が続きました。当時、こうした災厄は、道真公の怨霊のしわざと信じられ、道真公の霊を慰めるために京都北野天満宮や太宰府天満宮が建てられたのです。道明寺天満宮は、天暦元年(947)に道真公の残した自作の像を祀ったのがはじまりとされています。銀装革帯 2枚の革を縫い合わせたバンドで、巡方と呼ばれる銀メッキされた銅製の四角い飾りが15個着けられています。この巡方には、弓矢で狩りをする人や、鹿、鴛鴦、森等を象徴する紋様が浮き彫りにされており、中央には水晶玉をはめ込んでいます。水晶玉の下には、紫や藍、茶などの色板を敷き、色の変化をつけています。玳瑁装牙櫛 前髪を飾る象牙製の歯の長い櫛です。棟には両面にそれぞれ7個の花形を、峰には紡錘形を彫り込み、朱を敷いて上から玳瑁(べっこう)をはめ込んでいます。また花と花の間には、唐草風に銅線をはめ込み、その間に金泥の珠文が配されています。伯牙弾琴鏡 銅製の八花形の鏡です。左側に竹林に琴を弾く中国古代の琴の名手伯牙が、右側には鳳凰が表現されています。墓山古墳と野中古墳 墓山古墳は古市古墳群のほぼ中央にある大形の前方後円墳です。三段に築かれた墳丘は長さ225メートル、くびれ部両側に造出しを備え、深い濠と幅広い堤をめぐらせます。墳丘部は「応神天皇陵陪塚」として宮内庁が管理されていますので、内部の詳しい様子は不明です。だた、これまでに多量の滑石製勾玉や各種の形象埴輪の出土が知られています。また、後円部には亀甲紋を陰刻した長持形石棺が納置されていた報告もあります。これらの情報から墓山古墳は5世紀の前半に築造されたと考えられます。墓山古墳の周囲には浄元寺山、向墓山、野中、西墓山という4基の陪塚が配されていて、典型的な中期大型古墳の様相をみせています。藤井寺市の南部、野中3丁目の住宅街の中に、小さな丘のような高まりがひっそりとあります。これが野中古墳です。周囲を民家に囲まれ、うっかりすると見過ごしてしまいそうです。墳丘の形は今では大きく変形していますが、もとは一辺37メートルの方墳で、二段に築かれていました。また、幅約2メートルの濠がめぐっていたことも分かっています。造られたのは、今から1500年以上前のことです。このような歴史ある街街藤井寺市で当社も貢献出来れば幸いで御座います。解体工事でお困りの際は是非ご相談下さい宜しくお願い致します。

 

藤井寺市情報

 

世帯数

29,158 世帯

施設

小学校

藤井寺小学校

北岡1丁目2番29号

小山1丁目、4丁目(1~8)、5丁目、7丁目(7~22)、小山8丁目、9丁目、小山藤美町、小山藤の里町、岡1丁目、2丁目、恵美坂1丁目、御舟町、北岡1丁目、北岡2丁目(1~3)、沢田1丁目、林1丁目、西大井1丁目、2丁目

 

藤井寺南小学校

藤井寺3丁目8番1号

西古室2丁目、さくら町、陵南町、藤井寺3丁目、藤ヶ丘1丁目~4丁目、野中1丁目~5丁目、青山1丁目~3丁目

 

藤井寺西小学校

藤井寺4丁目1番57号

西古室1丁目、藤井寺1丁目、2丁目、4丁目、東藤井寺町、春日丘1丁目~3丁目、春日丘新町

 

藤井寺北小学校

小山3丁目284番1

津堂1丁目~4丁目、小山新町、小山2丁目~3丁目、小山4丁目(9~19)、6丁目、7丁目(1~6、1214の1~1251の5)、恵美坂2丁目、北岡2丁目(4~14)

 

道明寺小学校

沢田3丁目6番37号

沢田2丁目~3丁目、4丁目(1~5)、古室1丁目、古室2丁目(1~2)、林2丁目~6丁目、大井1丁目~5丁目、川北1丁目~3丁目

 

道明寺東小学校

国府2丁目5番21号

北條町、船橋町、惣社1丁目~2丁目、梅が園町、国府1丁目~2丁目、3丁目(8)

 

道明寺南小学校

道明寺4丁目9番18号

道明寺1丁目~6丁目、国府3丁目(1~7)、沢田4丁目(6~11)、古室2丁目(3~9)、3丁目

 

中学校

藤井寺中学校

御舟町2番9号

藤井寺南小学校区、藤井寺西小学校区、岡1丁目~2丁目、御舟町、恵美坂1丁目

 

道明寺中学校

林6丁目2番21号

道明寺東小学校区、、林3丁目~6丁目、国府3丁目、道明寺1丁目~4丁目、5丁目(4~7)、大井1丁目~5丁目、川北1丁目~3丁目

 

第三中学校

林1丁目2番1号小山1丁目~9丁目、北岡1丁目~2丁目、小山藤美町、小山藤の里町、小山新町、西大井1丁目~2丁目、沢田1丁目~4丁目、古室1丁目~3丁目、道明寺5丁目(1~3、8)、道明寺6丁目、津堂1丁目~4丁目、恵美坂2丁目、林1丁目~2丁目

 

幼稚園

藤井寺幼稚園

小山1丁目7番29号

小山1丁目、4丁目(1~8)、5丁目、7丁目(7~22)、小山8丁目、9丁目、小山藤美町、小山藤の里町、岡1丁目、2丁目、恵美坂1丁目、御舟町、北岡1丁目、北岡2丁目(1~3)、沢田1丁目、林1丁目、西大井1丁目、2丁目

 

藤井寺南幼稚園

藤井寺3丁目2番19号

西古室2丁目、さくら町、陵南町、藤井寺3丁目、藤ヶ丘1丁目~4丁目

 

藤井寺南幼稚園野中分園

野中2丁目5番49号

青山1丁目~3丁目、野中1丁目~5丁目

 

藤井寺西幼稚園

藤井寺4丁目3番34号

西古室1丁目、藤井寺1丁目、2丁目、4丁目、東藤井寺町、春日丘1丁目~3丁目、春日丘新町

 

藤井寺北幼稚園

小山3丁目299番

津堂1丁目~4丁目、小山新町、小山2丁目~3丁目、小山4丁目(9~19)、6丁目、7丁目(1~6、1214の1~1251の5)、恵美坂2丁目、北岡2丁目(4~14)

 

道明寺こども園(道明寺幼稚園)

林3丁目1番25号

沢田2丁目~3丁目、4丁目(1~5)、古室1丁目、古室2丁目(1~2)、林2丁目~6丁目、大井1丁目~5丁目、川北1丁目~3丁目

 

道明寺幼稚園川北分園(休園)

川北3丁目4番37号

 

道明寺東幼稚園

国府2丁目5番21号北條町、船橋町、惣社1丁目~2丁目、梅が園町、国府1丁目~2丁目、3丁目(8)

 

道明寺南幼稚園

道明寺4丁目2番18号

道明寺1丁目~6丁目、国府3丁目(1~7)、沢田4丁目(6~11)、古室2丁目(3~9)、3丁目

藤井寺市役所本庁

大阪府藤井寺市岡1丁目1番1号

支所 藤井寺市沢田3丁目6番36号 

市民総合体育館 藤井寺市大井1丁目2番20号

グラウンド

青少年運動広場Aグラウンド 藤井寺市大井1丁目433番地の3

青少年運動広場Bグラウンド 藤井寺市大井1丁目433番地の2

船橋河川敷野球場 藤井寺市船橋町9番地の1

津堂市民野球場 藤井寺市津堂3丁目620番地の1

スポーツセンター 藤井寺市林1丁目18番地の4

テニスコート

大井テニスコート 藤井寺市大井1丁目426番地

船橋河川敷テニスコート 藤井寺市船橋町9番地の1

小山河川敷テニスコート 藤井寺市小山7丁目1013番地

ふじの子保育園

藤井寺市立第1保育所

藤井寺市立道明寺こども園(第2保育所)

藤井寺市立第3保育所

藤井寺市立第4保育所

藤井寺市立第5保育所

藤井寺市立第6保育所

ななこども園

ひかりこども園

ラミー保育園

惣社保育園

ふじの子第二保育園

健康・福祉施設

老人福祉センター(松水苑) 休日急病診療所 保健センター

国・府指定文化財

葛井寺と国宝千手観音 道明寺天満宮と国宝伝菅公遺品 城山古墳1 城山古墳2 大鳥塚古墳と赤面山古墳 助太山古墳 鉢塚古墳と割塚古墳 青山古墳 長持山古墳の石棺 道明寺のもくげんじ 葛井寺の金銅宝塔と石造灯籠 道明寺と国宝十一面観音 国府遺跡と旧石器 国府遺跡の縄紋時代 弥生時代以降の国府遺跡 古室山古墳 鍋塚古墳 墓山古墳と野中古墳 はざみ山古墳 蕃所山古墳 城山古墳の水鳥形埴輪 道明寺の十一面観音と聖徳太子立像 道明寺天満宮の笹散双雀鏡と脇差

市指定文化財

指定文化財一覧(大阪府指定文化財・藤井寺市指定文化財) 天神縁起絵扇面貼交屏風 地蔵菩薩立像 石燈籠 建徳三年銘 国府遺跡出土装身具 聖観音菩薩立像 石燈籠 康元二年銘 国府遺跡出土けつ状耳飾り

大阪府指定文化財

葛井寺 石造 灯籠 藤井寺1-16-21 葛井寺 金銅宝塔 藤井寺1-16-21 道明寺天満宮 脇差 銘秀光 道明寺1-16-40 考古資料 長持山古墳石棺 道明寺小学校 北岡遺跡出土金銅五鈷杵 藤井寺市岡1-1-1 天然記念物

道明寺のもくげんじ 道明寺2-627 藤井寺市指定文化財(有形文化財)

絵画

天神縁起絵扇面貼交屏風 道明寺1-16-40 彫刻

聖観音菩薩立像 藤井寺1-16-21 地蔵菩薩立像 藤井寺1-16-21 石燈籠 康元二年銘 道明寺1-16-40 石燈籠 建徳三年銘 北条町1-23 考古資料

国府遺跡出土けつ状耳飾り 道明寺1-16-40 国府遺跡出土装身具 北岡1-2-12 国指定史跡 古市古墳群 古室山古墳  赤面山古墳 大鳥塚古墳 古室2丁目 助太山古墳 道明寺6丁目 鍋塚古墳 沢田4丁目 墓山古墳 青山1丁目他 野中古墳 野中3丁目 はざみ山古墳 野中1丁目 青山古墳 青山2丁目 蕃所山古墳 野中5丁目 東山古墳 野中2丁目 割塚古墳 藤井寺4丁目 唐櫃山古墳 国府1丁目 松川塚古墳 古室2丁目 浄元寺山古墳 青山1丁目 

国宝

彫刻

乾漆 千手観音坐像(本堂安置)

所在地:藤井寺1-16-21

木造 十一面観音立像(本堂安置)

所在地:道明寺1-14-31

工芸品 伝菅公遺品

銀装革帯

所在地:道明寺1-16-40

玳瑁装牙櫛

所在地:道明寺1-16-40

牙笏

所在地:道明寺1-16-40

犀角柄刀子

所在地:道明寺1-16-40

伯牙弾琴鏡

所在地:道明寺1-16-40

青白磁円硯

所在地:道明寺1-16-40

所有者:道明寺天満宮

重要文化財

彫刻

木造 十一面観音立像(伝 菅原道真作)

所在地:道明寺1-14-31

木造 聖徳太子立像 太子像胎内一括品

所在地:道明寺1-14-31

工芸品

笹散蒔絵鏡匣

所在地:道明寺1-16-40

所有者:道明寺天満宮

笹散双雀鏡(鏡面に金泥の種子あり)

所在地:道明寺1-16-40

建造物

葛井寺四脚門(切妻造、本瓦葺)

所在地:藤井寺1-16-21

考古資料

埴輪水鳥(

所在地:藤井寺3-1-20

重要無形文化財

 

Copyright (C) 2010 【解体工事プラスワン】格安解体工事 藤井寺市解体屋 藤井寺市解体工事 住宅解体工事 家屋解体工事 内装解体工事 家解体工事 All Rights Reserved.